全国中央会のからのお知らせ!!

 平成20年度中小企業経営支援等対策費補助金(人材対策基金事業補助金)として事業化され、全国中小企業団体中央会が実施してまいりました「農商工連携人材育成事業」につきましては、当初からの計画どおり、3カ年の事業として、本年3月末で終了することとなりました。
 これまで、平成21年度から現在までに、延べ200研修実施機関に8,408名が受講され、このうち、5,193名(61.8%)が規定の単位を修得されました。修了者の中には、農商工連携や6次産業化のコーディネータ、連携者として新商品・サービスの開発、提供を目指し、プロジェクトを組織したり、さらには、農商工等連携促進法に基づく事業計画の認定申請を行うなど、活動が顕著となってきております。

 皆様方のご要望やご活躍を踏まえ、新たな事業展開を行おうと、本会でも事業の継続、新規事業化、あるいは、フォローアップに重点を置く研修体系への移行等を検討、要望してまりましたが、なかなか事業予算化は難しく、当初の人材育成事業の目標(1000名)を達成したこともあり、予定通り終了することとなりました。

 農商工連携人材育成事業の終了とともに、本サイトにつきましても、掲載項目やデータ保管の移転を予定しております。そのため、プログラムの移植も必要となることから、eラーニング、農商工連携Blainなど、使用できないカテゴリーも生じますが、何卒、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

 なお、今後も全国中央会では、修了された皆様方が、新しいステージにおいて、農商工連携を推進できるよう、事業化等を検討していきたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

平成24年3月28日

全国中小企業団体中央会
事業推進部

閉じる