受講生の声

プロフィール
  • 氏 名
    波々伯部 宏(ハハカベ ヒロシ)
  • 年 代
    60代
  • 性 別
  • 取組み内容
    ジャム・コロッケ加工場の設立
    ジャム等の新製品の開発
  • 所属団体・会社
    kobe sweets garden
  • 研修実施機関名
    兵庫県中小企業団体中央会
インタビュー
  • 研修を受講した感想
    • 最も有意義だと感じた研修の概要と、有意義だと感じた理由についてお聞かせください。
    •  農商工連携、地域資源活用プログラムへのチャレンジ(ビジネスプラン作りとともに)です。 事業の内容に始まリ、事業発想の動機、経営理念、社会背景、経営資源(ヒト、金、もの、情報、技術、仕入先、販売先)ねらいとする顧客は何に価値を認めるか、商品は他社とどこが違うか、何がいいか、販売促進は?、サービスは?など具体的に学べたことが大変よかったです。

    • 仕事や学業の合間に新しい専門知識を習得するためには、様々な苦労があったかと思います。
      最も苦労したのはどのような点でしょうか。また、どのようにそれを解消したのでしょうか。
    •  受講開始前には農商工連携の仕組み、補助金の申請がわかりませんでしたが、セミナーを受講したことにより教科書や講師の方々への質問により解消出来ました。

    • 今回の研修で得た最大の収穫はなんでしょうか。
      それは今後の事業活動を行ううえで、どのように役立てていけそうでしょうか。
    •  農業ビジネスへの取組みと農商工連携への取組み及び同じ受講者と一緒に事業を立ち上げることができました。

  • 研修の成果
    • 研修後の取組み(例えば、新商品開発や事業への参画など)について簡単に紹介をお願いします。
      また、新しい取組みの中で、研修がどのように活かされているか、お聞かせください。
    •  近隣農家さんや行政書士、販売企業、シェフ、栄養管理士と連携し、加工場をつくるために補助金申請を行い、「兵庫県コミュニティービジネス離陸支援申請」で採用され、100万円の補助金が決定しました。この補助金により「ジャム・コロッケの加工場」をつくる計画です。     

    • 新商品の売上実績や、既存事業の売上増加など、研修の成果を現す実績を具体的に示し、
      成果が得られた理由についてもお聞かせください。
    •  新製品の開発をしながら試験販売の最中のため具体的な売上はこれからです。ただ、販売先には好評であり、これから期待できるものと考えております。特にジャムは、ウエディングレストランの食事、引き出物の需要が見込めます。

    • 農商工等連携事業計画などへの認定申請の状況をお聞かせください。
    •  近畿農政局の6次産業倶楽部に参加し、これから認定申請を予定しています。