受講生の声

プロフィール
  • 氏 名
    椎木 忠行(シイキ タダユキ)
  • 年 代
    60代
  • 性 別
  • 取組み内容
    地域の農業事業の活性化
    自治体等と提携した新商品の企画
  • 所属団体・会社
    株式会社ペリオディーク・コンサルティング
  • 研修実施機関名
    日本セールスレップ協会有限責任事業組合
インタビュー
  • 研修を受講した感想
    • 最も有意義だと感じた研修の概要と、有意義だと感じた理由についてお聞かせください。
    •  研修実施機関が作成した「地域を活性化する農商工連携のポイント」および「農商工連携の留意点」の講義が有意義に感じました。今までは経営全般に対するコンサルタント活動等を行っていましたが、農商工連携に絞った活動は行っていませんでした。今回、受講した講義で、地域貢献性、地域ブランド、官・学との連携、観光事業との結びつき等の多面的要素を学べたことが、有意義だと感じた理由です。

    • 仕事や学業の合間に新しい専門知識を習得するためには、様々な苦労があったかと思います。
      最も苦労したのはどのような点でしょうか。また、どのようにそれを解消したのでしょうか。
    •  中小企業関連、零細企業関連についての知識はある程度持っていたので、特に苦労したということはありませんが、全体のボリュームが多かったために復習が後手に回ってしまったと思っています。それでも、時間を見つけて少しずつ復習するようにしました。

    • 今回の研修で得た最大の収穫はなんでしょうか。
      それは今後の事業活動を行ううえで、どのように役立てていけそうでしょうか。
    •  研修で得た収穫といえば、農商工連携の全体像がある程度つかめたことではないかと思います。実際の農商工連携の認定企業からの説明や、具体的な申請書の記入のポイントなども今回の研修で学ぶことができましたので、今後の実際の農商工連携の支援などに役立つと思っています。今回の研修を切り口として、農商工連携の支援に役立つフレームワーク作りができると思います。

  • 研修の成果
    • 研修後の取組み(例えば、新商品開発や事業への参画など)について簡単に紹介をお願いします。
      また、新しい取組みの中で、研修がどのように活かされているか、お聞かせください。
    •  まだ、具体的な取組みは行っていませんが、今回の研修をベースに、東京都練馬区の農業事業の活性化について取り組みたいと思います。練馬区は東京江戸野菜である練馬大根の生産が有名ですが、担い手不足などにより農業規模の縮小傾向がさらに進みつつある状況になっており、早々に対策を講じる予定です。

    • 新商品の売上実績や、既存事業の売上増加など、研修の成果を現す実績を具体的に示し、
      成果が得られた理由についてもお聞かせください。
    •  JAや区とタイアップした商品開発等を計画していますが、まだ企画段階のため、研修の成果は出ておりません。

    • 農商工等連携事業計画などへの認定申請の状況をお聞かせください。
    •  農商工等連携促進法のうち、農商工等連携事業計画や農商工等連携支援事業計画などの補助金の認定、農業改良資金等の特例の適用などを考慮しています。これから具体的に検討していく予定です。