受講生の声

プロフィール
  • 氏 名
    田上 亨(タガミ トオル)
  • 年 代
    40代
  • 性 別
  • 所属団体・会社
    株式会社ジョイ・アンド・ファン
  • 研修実施機関名
    イデアパートナーズ株式会社
  • 商品名
    有明海産 冷凍生海苔、国産 海苔エキス
  • 農商工等連携促進法に基づく事業計画の認定
    時期は未定だが、申請を検討している
新商品開発と販売戦略についてのインタビュー
  • 商品開発の経緯(苦労話)を教えてください。
  •  東京都にある有名ホテルで一番摘みの生海苔を使用した海苔の佃煮を販売していましたが、なかなか売れ行きが伸びないということで、素材そのものの価値が伝わる商品の開発を海苔生産者と佃煮の開発者に依頼され、相談を頂いたのが商品開発のきっかけでした。
     海苔は劣化が早いため、収穫後はすぐに乾燥して板状にするのが通常ですが、海苔漁師さんたちは一番摘みの生海苔(海藻状態)を朝食のみそ汁に入れたり、三杯酢に漬けて食べていたように、原材料としての「新しい魅力」を市場に広め伝えることを始めました。しかしながら、生海苔を食べたことがある人は海苔漁師さん以外には殆どおらず、さらに、ごく限られた期間でしか食べることができないため、調理法もほぼ存在しないという状況下でスタートしました。取れ立ての生海苔をいつでも食べることができるようにするために、塩分濃度や保存方法、食べ方に至るまで海苔生産者と海苔養殖網メーカーとで試行錯誤を繰り返し、やっとの思いで出荷できる状態まで辿り着きました。

  • 商品の特徴・PR(こだわり)についてお聞かせください。
  •  有明海産「冷凍生海苔」は、海から収穫したままの生海苔を特殊塩蔵処理をし、冷凍することで長期の保存が可能となり、1年を通して生海苔を味わうことができます。色はもちろんのこと、風味(香り)や旨みにおいても海苔本来のものと劣らず、加工が容易で汎用性も高いです。また、海藻の王様と言われているように、海苔には豊富な栄養素が含まれており、この栄養成分を効率よく抽出して液状にしたものが「国産 海苔エキス」です。この液中には海苔の有効成分(タウリン、グルタミン酸、グリシン、アラニン等の各種アミノ酸や、鉄、亜鉛等のミネラル)が約50%含まれ、液状にしたことで食材としての幅が広がりました。

  • 販売戦略(今までの実績とこれからの販売目標)についてお聞かせください。
  •  販売実績としては、ホテルやレストラン、パン工場などへ卸しているだけではなく、メーカー(食品・調味料・和菓子)などが新商品の試作を検討しています。約1年間(平成23年1月~11月)の売上は約100万円ですが、平成24年度はさらに販路を拡大し、食品原材料として広く認知してもらうことによって、食品メーカー等から生海苔の加工食品を販売してもらうことが目標です。
     しかしながら、ある保存加工メーカーが在庫管理・販売を行っておりますが、1企業だけでは在庫管理のリスクが高く、大口需要に対応できないという状況ですので、市場拡大を行うためには、各漁協に協力を頂き、市場拡大に必要な在庫管理を有明海の漁港全体で行う仕組みに変えていきたいと考えています。

      
    生海苔を使ったメニュー例①         生海苔を使ったメニュー例②         生海苔を使ったメニュー例③