受講生の声

プロフィール
  • 氏 名
    三浦 勝治(ミウラ カツジ)
  • 年 代
    60代
  • 性 別
  • 取組み内容
    食用ホオズキの栽培
    食用ホオズキを利用した新商品開発
  • 所属団体・会社
    夢の愛ランド
  • 研修実施機関名
    宮城県中小企業団体中央会
インタビュー
  • 研修を受講した感想
    • 最も有意義だと感じた研修の概要と、有意義だと感じた理由についてお聞かせください。
    •  農商工連携の意義とあり方の基本的考え方が身に付きました。これは具体的に連携交渉をする場合などで相手が大きい企業ほど、今までの商業取引の方向で話を進めてくることが多く、理念、基本的な考えを伝えることで連携による新しい商品創りに結びつきます。
       もう一つが連携事例企業視察です。これは連携に至るまでのご苦労、何のために連携するのか、その企業の「こだわり」「想い」が理解できました。連携するためには思い付きではなく、自分の、自身の企業の「こだわり」「想い」が必要であることが理解できました。

    • 仕事や学業の合間に新しい専門知識を習得するためには、様々な苦労があったかと思います。
      最も苦労したのはどのような点でしょうか。また、どのようにそれを解消したのでしょうか。
    •  仕事自体が割りと自由にできる立場ですが、周りの人々に常に、何を学んでいるか、何をしようとしているか自分の目的や意識をチームの仲間に知らせることで、理解と協力を得ることができました。研修に参加する者は、この研修が必ず役に立つと思い込み、そして実践に移していくことが必要です。因みに私は欠席することなく、全研修を受講しました。

    • 今回の研修で得た最大の収穫はなんでしょうか。
      それは今後の事業活動を行ううえで、どのように役立てていけそうでしょうか。
    •  研修を受講して得た最大の収穫は、これまでの経験、概念にとらわれず、連携つまり協働によって新しいものを創造する、ということを研修を通じて感じたことです。また、相手に連携したいと思わせるだけの「こだわり」「想い」、つまりそれだけの魅力を自分の中に身に付けなければならないということにも気づきました。今後の事業活動においては、研修の中で自身の持っている「強み」を見直し、それを他人から見て魅力になる「こだわり」「想い」にまで創りあげる。そしてその商品、システムが出来たとき、何が起き、どう変わるか、具体的に相手にお話し出来るようにすることを活動に役立てていければと思っています。

  • 研修の成果
    • 研修後の取組み(例えば、新商品開発や事業への参画など)について簡単に紹介をお願いします。
      また、新しい取組みの中で、研修がどのように活かされているか、お聞かせください。
    •  今年より食用ホオズキの栽培に取り組んでいます。現在、製菓会社、酒造会社との連携を進めています。研修で学んだ、農商工連携の意義を元に今までの商業取引ではなく、連携による新しい商品開発の方向でお話を進めています。製菓会社とはほぼ話がまとまっています。

    • 新商品の売上実績や、既存事業の売上増加など、研修の成果を現す実績を具体的に示し、
      成果が得られた理由についてもお聞かせください。
    •  今年は異常気候で、猛暑が続き、食用ホオズキが大幅に収穫が減少したので、販売までは行きませんが新聞、テレビに取り上げられ認知度は高まりました。その中で現在は新商品作りを進行中です。

    • 農商工等連携事業計画などへの認定申請の状況をお聞かせください。
    •  今年は猛暑で害虫が発生、販売するほど収穫ができませんでした。来年以降は収穫できると思うので、ぜひ認定申請したいと思います。