平成27年度組合青年部全国講習会、開催される (2015.9.11)

  平成27年9月11日(金)、島根県松江市の「島根県民会館」で、平成27年度組合青年部全国講習会(主催:全国中小企業団体中央会)が開催され、全国から約200名の中小企業青年部に所属する若手経営者・後継者及び青年中央会(協議会)事務局担当者が参加しました。
 組合青年部全国講習会に先だって12時から全国代表者会議を開催しました。UBA佐藤会長の挨拶の後、前回の山形総会代表者会議で47都道府県青年中央 会・協議会の取組みから、投票によって選ばれた岡山県、愛媛県、佐賀県の3県から、事業について詳しくプレゼンテーションが行われました。
 14時から組合青年部全国講習会が開催され、開会にあたって全国中央会大村会長、UBA佐藤会長、島根県中央会杉谷会長からそれぞれ挨拶を行いました。
 続いて第一部として西日本旅客鉄道株式会社 創造本部 事業戦略グループ 貴谷 健史氏より、「JR西日本による地域活性化の取り組み」をテーマに講演 が行われ、第二部として荒神谷博物館館長 藤岡 大拙氏より、「島根の伝統文化」をテーマに講演が行われました。最後に、第三部として西村神楽社中の方々 より、「石見神楽」が披露されました。
 その後、松江京店商店街のカラコロ広場に場所を変え懇親会を開催しました。懇親会では、島根県溝口知事よりご来賓挨拶を頂戴し、島根県中小企業団体女性協議会山ア会長の発声により乾杯が行われました。
 乾杯後、UBAソングの披露、平成28年度通常総会開催県の奈良県及び組合青年部全国講習会開催県の神奈川県よりPRが行われました。懇親会の終盤は、 各ブロックに指定されたお店に分かれて懇談を行いました。全国各地からの参加した仲間が活発に交流を深め、会は大いに盛り上がりました。
 平成28年度組合青年部全国講習会は、神奈川県内において開催される予定です。


大村全国中央会会長挨拶
佐藤UBA会長挨拶
杉谷島根県中央会会長挨拶 貴谷健史氏講演
藤岡大拙氏講演 西村神楽社中による石見神楽披露の様子
松崎島根県中小企業団体青年部連合会
会長挨拶
溝口島根県知事ご来賓挨拶
山ア島根県中小企業団体女性協議会
会長乾杯ご発声

UBAソング披露
奈良県総会紹介 神奈川県引継ぎ

平成27年度通常総会が開催される(2015.6.19)

 平成27年度通常総会が6月19日(金)、山形グランドホテル(山形県山形市)において開催されました。

 通常総会の開会にあたり、加藤篤志全国中小企業団体中央会理事・事務局長より来賓挨拶がありました。当日は、平成26年度事業報告、決算報告並びに平成 27年度事業計画(案)、収支予算(案)など5つの議案についての審議が行われ、全議案が満場一致で承認されたほか、役員の補充に伴い副会長の交代があり ました。新副会長には愛媛県の金井芳臣氏が就任しました。また、理事には岐阜県の林繁良氏が就任しました。なお、今年度の役員は以下のとおりです。

会  長 佐藤  康(岩手県)  
副会長 谷岡 昌宏(大阪府)  
理  事 玉井  優(山形県)  
理  事 林  繁良(岐阜県)  
理  事 吉田 耕司(福井県)  
理  事 山田 泰史(山口県)  
理  事 星山 一憲(熊本県)  
監  事 田中 大裕(埼玉県) 
副会長 山口 真延(千葉県)
副会長 金井 芳臣(愛媛県)
理  事 多田 勝美(東京都)
理  事 伊藤 竜己(三重県)
理  事 松崎 治郎(島根県)
理  事 土居 正明(香川県)
理  事 石川 誠司(沖縄県)
監  事 玉置  篤(和歌山県)
  
  通常総会終了後、谷岡副会長よりUBAロゴデザインの発表を行いました。ロゴデザイン及び詳細は以下のとおりです。
 


 【全中加藤理事・事務局長来賓挨拶】

  その後の懇親会では、来賓として吉村美栄子山形県知事、市川昭男山形市長、加藤篤志全国中小企業団体中央会理事・事務局長、古川剛株式会社商工組合中央金 庫山形支店支店長、齋藤豊山形県中小企業団体中央会副会長兼専務理事にご臨席いただき、吉村知事、市川市長より祝辞を頂戴しました。乾杯直後には、山形大 学花笠サークル四面楚歌による花笠音頭があり、式の中盤では山形愛の武将隊より演舞が披露され、盛会のうちに終わりました。
 平成28年度通常総会は奈良県での開催を予定しております。


佐藤全青中(UBA)会長挨拶】 【吉村山形県知事祝辞】


【市川山形市長祝辞】  【花笠音頭】


【山形愛の武将隊】
 

呼称の変更およびロゴデザインの募集について (2014.12.12)終了

 全国中小企業青年中央会(全青中)では、昨年度策定した全青中綱領において、「中小企業の団体として日本経済を担う使命を自覚し、会員の活発な交流、情報の共有を促しながら、ビジネス連携を深化させ、組合青年部と企業の繁栄に寄与すること」を方針として定めています。
 そこで、全青中会員間の交流を活発にすることを目指して「UBA」を本会の呼称として定めるとともに、広く一般に広報することを目的に「UBA」のロゴデザインを公募します(募集告知はこちら)。
 

平成26年度組合青年部全国講習会、開催される (2014.10.4)

 平成26年10月4日(土)、福井県あわら市の「まつや千千」で、平成26年度組合青年部全国講習会(主催:全国中小企業団体中央会)が開催され、全国から約200名の中小企業青年部に所属する若手経営者・後継者及び青年中央会(協議会)事務局担当者が参加しました。
 全国講習会に先だって全国代表者会議を開催しました。全青中佐藤会長の挨拶の後、今期の全青中役員会で取組んでいる3つの委員会の取組みの状況につい て、それぞれ全青中山口副会長、谷副会長、谷岡副会長から報告があった後、今回の開催地である福井県の坂下福井県中小企業団体青年中央会会長より、福井県 中小企業団体青年中央会のこれまでの取組みと、ふくい青年中央会まつり開催の経緯等について説明がありました。その後、テーブルに分かれて「全青中に期待 すること」というテーマでグループディスカッションを行い、活発な意見交換が行われました。 13時45分から全国講習会が開催され、開会にあたって鶴田欣也全国中央会会長、佐藤康全青中会長からそれぞれ挨拶を行いました。
 続いて発創デザイン研究室代表 冨永 良史氏より、「全国アウ・シル・ツナガル交流会」をテーマにワークショップ型の講演会が行われました。今まで結び つきが無かった他県、他ブロックの他者と積極的に交わることで、新しい自分と仲間を創造し発見しながら、自らの事、地元の事、青年部活動に関することにつ いて対話をしながら参加者間で交流を進める形で講演会は進みました。
 和太鼓を中心に郷土芸能を伝承すべく、地元福井県内における定期演奏会をはじめ、海外公演にも積極的に参加して演奏を行っている福井農林高等学校郷土芸能部の和太鼓演奏から懇親会の幕が開きました。
 その後、鶴田全国中小企業団体中央会会長の挨拶に始まり、坂下福井県中小企業団体青年中央会会長の主催県挨拶に続き、西川一誠福井県知事、 橋本達也あわら市長よりご来賓挨拶を頂戴し、稲山幹夫福井県中小企業団体中央会会長の発声により乾杯が行われました。全国各地からの参加した仲間が活発に 交流を深め、会は大いに盛り上がりました。
 平成27年度組合青年部全国講習会は、島根県内において開催される予定です。


鶴田全国中央会会長挨拶

佐藤全青中会長挨拶

代表者会議
冨永良史氏講演

講演会風景

福井農林高校郷土芸能部による和太鼓

坂下福井県中小企業団体青年中央会会長挨拶
西川福井県知事ご来賓挨拶

橋本あわら市長ご来賓挨拶
稲山福井県中央会会長乾杯ご発声

山形総会紹介

島根県引継ぎ


エクスカーションツアー
「第7回ふくい青年中央会まつり」










※一部の写真は福井県中小企業団体青年中央会のご厚意により転載しております。


平成26年度通常総会が開催される(2014.6.13)

 平成26年度通常総会が6月13日(金)、ホテルニューウェルシティ宮崎(宮崎県宮崎市)において開催されました。

 通常総会の開会にあたり、鶴田欣也全国中小企業団体中央会会長より来賓挨拶がありました。当日は、平成25年 度事業報告、決算報告並びに平成26年度事業計画(案)、収支予算(案)など4つの議案についての審議が行われ、全議案が満場一致で承認されたほか、新役 員の選任に伴い正副会長の交代がありました。 新会長には、岩手県の佐藤 康氏、副会長には千葉県の山口真延氏、愛知県の谷 典芳氏、大阪府の谷岡昌宏氏の3名がそれぞれ就任しました。退任される上山 直前会長には、佐藤新会長より全青中役員を代表して感謝状が贈られました。なお、改選後の役員は以下の通りです。

会  長  佐藤   康(岩手県)  副会長 山口 真延(千葉県)
副会長  谷   典芳(愛知県)  副会長 谷岡 昌宏(大阪府)
理  事  玉井   優(山形県)  理  事 多田 勝美(東京都)
理  事  伊藤 竜己(三重県)  理  事 吉田 耕司(福井県)
理  事  松崎 治郎(島根県)  理  事 山田 泰史(山口県)
理  事  土居 正明(香川県)  理  事 金井 芳臣(愛媛県)
理  事  星山 一憲(熊本県)  理  事 石川 誠司(沖縄県)
監  事  田中 大裕(埼玉県)  理  事 玉置   篤(和歌山県)

【全中鶴田会長来賓挨拶】

【上山直前会長への感謝状贈呈】

 総会後の講演会では、「宮崎の情熱を九州へ、そして全国へ!  〜佳い食のチカラでまちを元気に〜」というテーマで、有限会社一平 代表取締役 村岡 浩司氏より、ご講演を頂きました。

【有限会社一平 代表取締役 村岡 浩司氏】

 その後の懇親会では、来賓として河野俊嗣宮崎県知事、戸敷正宮崎市長、鶴田欣也全国中小企業団体中央会会長、 伊澤哲也株式会社商工組合中央金庫宮崎支店支店長、宮本博史全国商工会青年部連合会会長、杉田憲司宮崎県商工会青年部連合会会長、明石秀暢公益社団法人日 本青年会議所九州地区宮崎ブロック協議会会長、米良充朝宮崎県商工会議所青年部連合会会長、矢野久也宮崎県中小企業団体中央会会長、持原道雄宮崎県中小企 業団体中央会専務理事、吉田陽子宮崎県レディース中央会会長にご臨席頂き、河野知事、戸敷市長より祝辞を頂戴しました。開会直後には、ゆるキャラダンス選 手権で優勝した宮崎県シンボルキャラクター「みやざき犬」のダンスがあり、式の中盤では英二氏のライブ(長淵剛ものまねタレント)が披露され、盛会のうち に終わりました。

平成27年度通常総会は山形県での開催を予定しております。

【河野宮崎県知事祝辞】

【戸敷宮崎市長祝辞】

【佐藤新会長挨拶】

【みやざき犬ダンス】

【英二氏ライブ】

【退任された上山直前会長へのサプライズ】

平成25年度組合青年部全国講習会、開催される (2013.11.8)

 平成25年11月8日(金)、三重県四日市市の「四日市都ホテル」で、平成25年度組合青年部全国講習会(主 催:全国中小企業団体中央会)が開催され、全国から約240名の中小企業青年部に所属する若手経営者・後継者及び青年中央会(協議会)事務局担当者が参加 しました。

 全国講習会に先だって全国代表者会議を開催しました。都道府県青年中央会(協議会)が課題を抱えつつも活動を 実施している中で、より効果的により活発に事業に取り組んでいる事例を各ブロックから1事例ずつプレゼンテーションを行いました。出席者による投票の結 果、最優秀賞に選ばれた岡山県中小企業団体青年中央会、優秀賞に選ばれた徳島県中小企業青年中央会、宮崎県中小企業団体中央会青年部に対して、全国講習会 後に開催された懇親会の席上で表彰を行いました。

 14時20分から全国講習会が開催され、開会にあたって主催者である鶴田欣也全国中央会会長、上山泰寛全青中会長からそれぞれ挨拶を行いました。

 講習会の第一部では、地元の三重県の企業である井村屋株式会社代表取締役会長 浅田 剛夫氏より、「特色経営 のあゆみ 〜人のやらないことをやる〜」というテーマで、自社のこれまでの歩みと創業者から学んだ教訓を基に、特色的な経営を行ってきた経営体験について 講演がありました。

 第二部は、中小企業診断士の橋本大輔氏を講師にお迎えし、「青年部に入って良かったなと思うことはなんです か?」というテーマで、ワールドカフェ方式による全員参加型のディスカッションを行いました。参加者からは、多くの参加者と意見交換ができたことで新しい 発想が生まれ、刺激を受けたという声が多くあがりました。

 今年、伊勢神宮が20年に一度の式年遷宮の年にあたることから、講習会終了後に行われた懇親会の冒頭に、伊勢 市大湊の木遣り隊による「伊勢神宮御遷宮お木曳の木遣り歌」が披露されました。その後、伊藤三重県中小企業青年中央会会長の主催県挨拶に続き、石垣英一三 重県副知事、永田雅裕四日市市商工農水部長よりそれぞれご来賓挨拶を頂戴し、佐久間裕之三重県中小企業団体中央会会長の発声により乾杯が行われました。地 元産の南紀みかんの重さを測るゲーム大会が開催されるなど、大いに盛り上がり、参加者は全国各地の仲間とそれぞれ交流を深めました。

 平成26年度組合青年部全国講習会は、福井県内において開催される予定です。

【全国代表者会議】

【鶴田全国中央会会長挨拶】

【上山全青中会長挨拶】

【第一部 井村屋株式会社代表取締役会長 浅田 剛夫氏】

【第二部 ワールドカフェ方式ディスカッション 講師 中小企業診断士 橋本大輔氏】

【伊勢神宮御遷宮お木曳の木遣り歌】

【佐久間三重県中小企業団体中央会会長から乾杯の挨拶】

【南紀みかんの重さを測って当てるゲーム大会】

【来年度全国講習会開催県である福井県への引き継ぎ式】

平成25年度通常総会が開催される(2013.6.28)

平成25年度通常総会を6月28日(金)、道後プリンスホテル(愛媛県松山市)において開催しました。

 通常総会では、平成24年度事業報告、決算報告並びに平成25年度事業計画(案)、収支予算(案)、会則の一部改正(案)、全青中綱領(案)など5つの議案についての審議が行われ、 全議案が満場一致で承認されました。

 

【総会写真】

 開会にあたり主催者挨拶として、上山泰寛会長から西川りゅうじん氏の会談について報告がありました。

 西川氏から、「全国中小企業団体中央会の英語表記は『National Federation of Small Business Associations』となっている。『Small Business』という表現は、中小企業を意味するにしても、ビジネス自体も小さく印象付けてしまう。青年部の集まりである全国中小企業青年中央会も、 青年経済人に親しみやすく、ビジネス交流を中心とした日本最大の異業種団体を全面に押し出した呼び名が必要ではないか。『全国中小企業青年中央会』という 正式名称はそのままとし、ビジネスという共通の目的のために結びつく団体の意味を込めた“UBA(United・Business・ Associations)”という略称を用いてはどうだろうか。」という提案があり、上山会長も同じ思いであったことから、これを機に意識高揚と活性化 を目的として、“UBA”に関する提案をしていく旨の表明がありました。

 また、本総会では全国47都道府県の代表者で組織される全国中小企業青年中央会の「団体の存在意義」「活動の方向性」を示すための具体的な指針となる「綱領」が決議されました(綱領)。

 その後の懇親会では、来賓として中村時広愛媛県知事、野志克仁松山市長、堂園哲也商工中金松山支店長、尾越優 愛媛県商工会議所青年部連合会会長、束村温輝愛媛県商工会青年部連合会会長、服部正愛媛県中小企業団体中央会会長、太田範夫愛媛県中小企業団体中央会専務 理事、帽子敏信愛媛県中小企業団体中央会青年部協議会顧問、芳野正至愛媛県中小企業団体中央会青年部協議会相談役、井上裕基愛媛県中小企業団体中央会青年 部協議会相談役に臨席頂き、中村知事、野志市長より祝辞を頂戴しました。その後、愛媛県の地元アイドル「ひめキュンフルーツ缶」によるライブ、郷土芸能で ある「野球拳」が披露され、盛会のうちに終わりました。

【中村愛媛県知事祝辞】

【野志松山市長祝辞】

【上山会長挨拶】

【ひめきゅんフルーツ缶】

【野球拳】



過去のトピックスへ

前へ戻る
全国中央会の経営支援サービス
月刊「中小企業と組合」 農商工連携等人材育成事業 電子証明書 個人情報漏えい賠償責任保険 貸借対照表
行政庁・関係団体 提供
全国中小企業団体中央会
中小企業連携組織の情報サイト
〒104-0033 東京都中央区新川1-26-19 全中・全味ビル
Tel: 03-3523-4901(代表)  Fax: 03-3523-4909
交通・アクセスお問合せフォーム