◎セミナー「消費税軽減税率制度の概要と中小企業のための支援策」を開催します
 (独立行政法人中小企業基盤整備機構)

 中小機構では、セミナー「消費税軽減税率制度の概要と中小企業のための支援策」を開催いたします。

 政府では、平成31年10月の消費税率10%への引上げと同時に、低所得者層へ配慮する観点から「軽減税率制度」を実施します。軽減税率制度の対象となる品目は主に飲食料品となり、その消費税率は8%となります。

 軽減税率制度の下では消費税率が2つになるため、事業者の皆さまは、「適用される消費税率ごとに区分した消費税額の計算」や、「商品ごとの適用税率およびその合計額を記載した請求書等の発行」といった新たな対応が必要となります。

  中小企業庁では、このような新たな対応が必要となる中小企業の皆さまへの具体的なサポートとして、「複数税率対応レジの導入」や「受発注システムの改修」等を行う場合の経費の一部を補助する「消費税軽減税率対策補助金」の公募を昨年4月から開始しています。

 本セミナーでは、事業者の皆さまが知っておくべき軽減税率制度の基本的なポイントと軽減税率対策補助金の内容についてわかり易く紹介いたします。

 日 時:平成29年3月21日(火)14時〜16時

 場 所:独立行政法人 中小企業基盤整備機構 9階 9A−9C会議室
      東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル


 詳細は 中小機構Webページ をご覧ください。


Copyright(C) 全国中小企業団体中央会 All Rights Reserved