◎4月の中小企業月次景況調査(平成29年4月末現在)

《概 要》
4月のDIは、9指標中4指標が悪化し、主要3指標に関しても、売上高ならびに収益状況の各DIは前月比−1.0ポイント超で下落する結果となった。  米国・トランプ大統領が対外通商のドル高是正を改めて表明したことに加えて、朝鮮半島情勢の緊迫化等に伴う地政学リスクが急速に高まったことから、金融/為替市場の流動性も上昇しており、他方では新年度を迎えて、原材料・運送コスト等の負担増や過当競争への懸念も一層増大しているため、中小企業の先行きは予断を許さない状況にある。


グラフ

(図をクリックすると拡大します)

《詳細については、以下をご覧下さい》


【今後3か月間の月次景況調査発表予定】

5月末現在6月21日(水)、6月末現在7月20日(木)、7月末現在8月21日(月)


■過去の月次景況調査結果一覧へ


Copyright(C) 全国中小企業団体中央会 All Rights Reserved