◎令和元年度全国適格協通常総会、受注力強化セミナーを開催

(2019.7.11 全国官公需適格組合協議会)

 全国官公需適格組合協議会は、7月11日(木)に湯本富士屋ホテル(神奈川県足柄下郡箱根町)において、令和元年度通常総会を開催しました。

 通常総会では、橋会長の開会挨拶後、平成30年度事業報告書・収支報告書・貸借対照表及び剰余金処分(案)、令和元年度事業計画及び収支予算(案)、令和元年度会費の賦課基準及びその納入方法(案)、令和元年度通常総会決議事項(案)等について審議し、満場一致で可決・承認されました。

 通常総会終了後には、受注力強化セミナーを開催し、全国中央会大利政策推進部長の主催者挨拶、神奈川県中島副知事より来賓挨拶が行われました。基調講演では、株式会社博報堂DYホールディングス川廷グループ広報・IR室 CSRグループ推進担当部長、神奈川県顧問(SDGs推進担当)より「中小企業こそSDGsが稼ぎの種になる」について講演が行われ、その後、「地域と生きる」という共通テーマに基づき、神奈川県管工事業協同組合の原理事長、仙台印刷工業団地協同組合の針生理事長、会津管工事協同組合・会津若松市水道サービス株式会社の横山取締役技術顧問より事例発表が行われました。

 続いて、基調講演でご講話いただいた川廷氏、事例発表でご講話いただいた原氏、針生氏と、会津管工事協同組合から鹿目氏にご登壇いただき、神奈川県中央会の内田氏をコーディネーターにパネルデスカッションが行われました。


@通常総会開会挨拶を行う全国適格協橋会長 A受注力強化セミナー主催者挨拶を行う全国中央会大利政策推進部長 B受注力強化セミナー開催風景 C基調講演 川廷講師

Copyright(C) 全国中小企業団体中央会 All Rights Reserved