◎令和3年度「中小企業組合検定試験」受験申込受付の開始について(2021.9.1 全国中央会)

 中小企業組合検定試験とは、中小企業組合(事業協同組合、企業組合、商工組合やこれらの組合の連合会)の事務局で働いている役職員の方が、 職務を遂行する上で必要な知識に関する試験を行うもので、試験合格者の中から一定の実務経験を持つ方に、中小企業組合士の称号が与えられます。
 本検定試験は、本会が主催し、中小企業庁の後援、都道府県中小企業団体中央会の協力で実施しております。

◆願書受付期間
令和3年9月1日(水)〜10月15日(金)

◆試験日
令和3年12月5日(日)

◆試験科目
組合会計・組合制度・組合運営

◆受験料
6,600円
※一部科目免除者は5,500円(二科目受験)、4,400円(一科目受験)

◆試験会場
札幌・青森・仙台・秋田・郡山・東京・長野・静岡・名古屋・大阪・ 松江・岡山・広島・山口・高松・福岡・大分・鹿児島・那覇

 試験の詳しいことは、下記のサイトにてご確認をお願いします。
 

 https://www.chuokai.or.jp/test/test.htm



Copyright(C) 全国中小企業団体中央会 All Rights Reserved