◎日本労働組合総連合会(連合)との懇談会を開催(2019.03.14 全国中央会)

 全国中央会は、平成31年3月14日、ANAインターコンチネンタルホテル東京において日本労働組合総連合会(連合)との懇談会を開催し、取引の適正化等に向けて意見交換を行い、引き続き連携して取り組むことを確認した。

 本会からは、大村会長、森副会長をはじめ正副会長等12名、連合からは神津会長等12名の幹部が出席した。

 橋専務理事の進行により、櫛引副会長(青森県中央会会長)から「取引力の強化に向けた取組み等」について報告が行われたのち、ネット取引を含めた取引環境等について意見交換が行われた。

 服部副会長(愛媛県中央会会長)から、10連休中に月末と月初の業務集中への対応について、小正副会長(鹿児島県中央会会長)から、卸売業界や地域の実情に基づいた物流負担の問題等について活発な意見交換が行われた。

 最後に、大村会長から、本件について各ブロック中央会の会長会議などの機会を通じて、「共同宣言」に基づき、ネットを含めた取引の適正化等に向けて地域での連携促進を図っていくことを表明し、閉会した。


【神津連合会長、大村全中会長】

【櫛引副会長】

【服部副会長】

【小正副会長】


Copyright(C) 全国中小企業団体中央会 All Rights Reserved