◎森会長、官邸において開催された「全世代型社会保障検討会議」に出席し、意見陳述(2019.11.21 全国中央会)

 森会長は、11月21日(木)、総理大臣官邸において開催された「全世代型社会保障検討会議」に出席し、社会保険、社会保障制度についての意見陳述を行いました。

 会合には、安倍総理をはじめ、麻生副総理・財務大臣・金融担当大臣、加藤厚生労働大臣、菅内閣官房長官等が出席しました。

 中小企業団体からは、森会長のほか、日本商工会議所の三村会頭、全国商工会連合会の森会長も出席し、各団体の立場から、意見陳述を行いました。

 本会森会長からは「社会保険に関する短時間労働者への適用拡大や年金制度改革等については、負担者である労働者と事業主双方に大きな負担を強いるものであり、中小企業・小規模事業者は、働き方改革への円滑な対応、急激な最低賃金の引上げ等への対応で苦慮している現状を踏まえて頂き、慎重に検討されるようお願いしたい」と述べました。


【会議に臨む森会長(中央)】

【検討会議の様子】


Copyright(C) 全国中小企業団体中央会 All Rights Reserved