◎4月の中小企業月次景況調査(令和3年4月末現在)

《概 要》
4月のDIは3ヶ月連続で全指標が改善。海外経済の回復に伴う半導体・電子部品、自動車関連の業種や巣ごもり需要の恩恵を受けている食料品、紙加工品等の業種が牽引し、生産活動や消費活動は好転がみられる。一方で新型コロナウイルスの収束は依然として見えず、収益面や資金繰り面で引き続き悪影響を受けている。新型コロナウイルスの影響を強く受けている業種の企業に加え、原材料・部品の調達不安、一部の地域でのまん延防止等重点措置の適用等もあり、先行きを不安視する声が多く寄せられており、人員削減や廃業を検討する企業も引き続き見られる。


グラフ

(図をクリックすると拡大します)

《詳細については、以下をご覧下さい》


【今後3か月間の月次景況調査発表予定】

5月末現在6月25日(金)、6月末現在7月26日(月)、7月末現在8月25日(水)


■過去の月次景況調査結果一覧へ


Copyright(C) 全国中小企業団体中央会 All Rights Reserved