◎11月の中小企業月次景況調査(令和3年11月末現在)

《概 要》
11月のDIは改善傾向も、厳しさ続く。新型コロナウイルス感染症の沈静化により、経済活動への影響は売上高を中心に改善する傾向にあるが、部品不足や原材料価格高騰によるコストの負担が増加しており、厳しい状況にある。新たな変異株が海外で流行していることで、多くの事業者が今後の景況感に慎重な見方をしている。新型コロナウイルスによる経済活動への影響は長期化の様相が続いており、今後の資金繰りや雇用の面で悪影響が懸念される。新型コロナウイルスの感染防止対策が効果を発揮し、今後の国の経済対策や年末・正月商戦など人流の回復の本格化に期待を寄せる声も多い。


グラフ

(図をクリックすると拡大します)

《詳細については、以下をご覧下さい》


【今後3か月間の月次景況調査発表予定】

12月末現在1月25日(火)、1月末現在2月25日(金)、2月末現在3月25日(金)


■過去の月次景況調査結果一覧へ


Copyright(C) 全国中小企業団体中央会 All Rights Reserved